Just A Soragoro告知映像

いよいよ、今月末に迫ってきました。

Just A Soragoro 〜ボサノヴォードヴィル〜


10月26,27日 阿佐ヶ谷ザムザ(東京)

10月29,30日 日下部民藝館(高山)

11月1,2日 Theatre E9 (京都)


1年8ヶ月ぶりのツアー。

今回は新しいショーになります。

空五郎に改名した直後にコロナ禍に突入。全国に改名披露へ行くはずだった2020年、21年のほとんどを高山で過ごし、トマト農園で働き、奥飛騨の温泉旅館で働き、ずっと自然の中にいました。ライブができない状況というのは、自分の存在意義を失いかけるほど憂鬱で歯痒い日々でしたが、あまりにも綺麗な山と空と星と、生き生きしてる周りの植物や虫や動物を見ていると自然にどんどん癒されていく自分もいました。高山の人々が話す生の飛騨弁がとても優しくて、可愛らしくて、子供の頃の記憶がどんどん蘇っていきました。本当に自分が好きだったものが心の底から湧いてくるような体験でした。

やはり、音楽には救われました。この2年はジョアンジルベルトを世界中で一番長く聴いた自信があります。ポルトガル語と飛騨弁が絶妙に絡み合い、耳心地の良さを追求していったらどんどん歌ができました。


ヴォードヴィルはジャズソング、チャップリン、ザッツエンターテイメント、昔の歌って踊る演芸が好きで好きで、のめり込みました。タップダンスや帽子芸などの曲芸はパントマイム劇団時代に覚えました。自分の好奇心と興味と貪欲さが僕をヴォードヴィルの世界に誘ってくれましたが、色々な芸を見て覚えて舞台に立ってみて気づいたのは、自分はチャップリンでもないし、キートンでもクリフエドワードでもエノケンでもないということ。自分じゃない存在にはなれないということ。自分は自分でしかないのなら、自分にしかできないヴォードヴィルをやるしかない。


ウクレレに出会ったのは大きいと思います。上の空でいると、ポロンと楽器を鳴らすたびに言葉とかメロディーが鼻歌交じりに生まれて歌ができました。舞台では閉さず、押しつけず、熱唱できるタイプでもないのでただ呼吸するように歌うようになりました。自分らしさというのは一生懸命見つけるより、気づくというか、その場所に無理なく居ることができれば自然に出てくるような気がします。それは畑のミツバチと鹿とトマトが教えてくれました。飛騨弁のボサノヴァを聴いて欲しいです。


オリジナルの新曲が13曲できまして、ショーでもたくさん歌う予定です。CD完成して、ツアー初日の会場販売に間に合いました。ぜひ、手にとって欲しいです。


朗読寸劇はここ2,3年やっているのですが、これも面白く、名作や文学的なものを読むのではなく、自分の体験談、失敗談、日々考えていることがネタになっており、パントマイムと絡み合って自分らしい感じになってきました。今回は何を話そうかな。


心からお待ちしております。劇場で見て欲しいのです。僕のヴォードヴィルは生で観て欲しいのです。そのためのコロナ感染対策は準備しています。会場内の密を避けるために、各地2日間の公演日程でキャパの半分が定員になっております。PCR検査も直前に参加メンバー全員が受けます。このブログの最後の感染対策についても今一度お読みください。


告知動画が完成しました。どうぞ。



最後に出演者を紹介します。


上の助空五郎 (歌、ウクレレ、ヴォードヴィル)

見谷聡一(パーカッション) 全公演出演

南勇介(コントラバス)東京&高山公演

赤須翔(ギター)東京公演

久田上総(ギター)高山公演

斎藤一郎(コントラバス)京都公演


スタッフ

プロデューサー|山本恭久(ウサトリーヌレコード)

衣装|武田真由美

照明| 渡辺佳奈 葛生英之

音響| 足立旬

映像| 高嶋浩(高山公演)

宣伝デザイン| 加藤亜依

提携| THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)


予約はこちらから!!

10月26,27日 阿佐ヶ谷ザムザ(東京)

10月29,30日 日下部民藝館(高山)

11月1,2日 Theatre E9 (京都)



※ご予約に関するご注意 ・開演5分前までに受付をお済ませください。 それ以降はキャンセル扱いになる場合がございます。お早めにご来場ください。 公演中止などの不測の場合をのぞき、チケット購入後の返金、日時の変更はできません。


※新型コロナウイルス感染症感染予防の為、ご来場される全てのお客様のご連絡先を把握させていただいております。 複数名分のチケットをご予約の際には、お連れ様のお名前、お電話番号を備考欄にて事前にお知らせください。


■下記の症状がある場合はご来場をお控えください。状況によってはご来場をお断りすることがございます。あらかじめご了承ください。 ・37.5°C以上の発熱。 ・次の症状がある場合。 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや 結膜の充血、 頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐 ・過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域 等への 渡航、並びに、当該国・地域の在住者と濃厚接触がある場合。

■当日券を含む、すべてのご来場者様に、氏名と連絡先をお伺いいたします。ご予約のお客様はご予約時にお伺いしております。感染者が発生した場合、保健所等の公的機関の指示に従い提出いたします。予めご了承ください。

■ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。 ※何らかの理由で着用できない場合を除きます。

■受付時の検温にご協力をお願いいたします。

■「咳エチケット」をお守りいただき、手洗いや手指消毒のご協力をお願いいたします。

■来場者同士の接触、大声での会話はお控えください。


87回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

なお企画