重要文化財日下部民藝館・吉島家住宅|歴史を護り繋ぐ運営費にご支援を吉島休兵衛忠男/日下部勝

最終更新: 3月14日

ちょうど1年と3日前、2020.3.8にこの日下部民藝館で「上の助空五郎改名披露公演」を行いました。人生初のオンラインライブでした。自身のバンド世界一周楽団のライブや自主企画「こいふにヴォードビル」もやらせてもらいました。


子どもの頃から当たり前のように存在していた重要文化財、観光の名所。3年前に高山へ帰ってみるとその建物は当時のままきれいに保存されているだけでなく、なんだかとても面白そうなカルチャー民藝館になっていて、観光客にはもちろん地元の人々にもオープンで愛される、様々なイベントが行われる場所になっていました。嬉しかったです。高山に住みながら、芸人音楽稼業でやっていけるかもと思える後押しになってくれた場所でもありました。


説明するまでも無いですが、コロナで観光客はストップ、地元の人も集まれないまま1年が経ちました。場所の維持費は変わらないのに収入が激減したらどんな場所も窮地に追い込まれます。館長さんがクラウドファンディングを立ち上げ、遅ればせながら寄付させていただきました。


コロナが終わっても、その場所や人が居なくなっていたら元も子もないです。またここで歌いたい。ここで生まれる文化を見たい。本当にそれだけです。可能な限りご協力お願いします。


https://readyfor.jp/projects/kusakabe-mingeikan?fbclid=IwAR35bCYDEwVrUtNIVCzTvQUdmZ6F2_jPO_lCUCzeT0l-NOrEUj4ZQm_MoZI



日下部民藝館はこんな場所

空五郎改名披露ライブ

https://www.youtube.com/watch?v=7_9t5kPwyTU&t=4506s

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おんぶらまいふ

新曲紹介と署名の賛同が同時なのは初めて。 自分の子に木蔭(こかげ)いう名前をつけました。本当に暑い夏の日の、東京で生まれて病院で母親が呟いた3文字が名前になりました。 東京は大都会だけどいい公園が沢山あります。木が沢山あって林や森になっていて、あの緑があるから原っぱで遊んだり、ピクニックしたり、寝転んだり、ジョギングしたり、木蔭で休んだりできる、まさに都会のオアシス憩いの場です。都内で最後に住んだ