top of page

ボサノヴォードヴィル2022見どころ

更新日:2022年10月31日

どうも。空五郎です。

今年の大一番「上の助空五郎 ボサノヴォードヴィルツアー2022」がいよいよ始まります。東京、高山、名古屋、大阪、今治と廻ります。新作です。ヴォードヴィルの面白さは音楽と芝居の境目がないこと、ブラジル音楽とニューオリンズジャズと日本語(飛騨弁)がこんなにも塩梅よく絡み合うショーは空五郎だけ。


今年の目玉は空五郎がヴォードヴィリアンになった時から今日までの時間を歌と芝居のヴォードヴィルに仕立てあげた演目です。飛騨の大名、金森氏にまつわる時代劇風のコントも作りました。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、あのチャンチキ(湯たんぽ)ドラムも復活です。新曲やります。


ぜひ、お知り合いもお誘い合わせの上、各地でご覧くださいませ。ご来場を心よりお待ちしております。




ボサノヴォードヴィルというのは、僕が作った造語でボサノヴァ音楽と、ヴォードヴィル(演芸)がくっついた言葉なんです。


ボサノヴァはこのコロナ禍に出会った産物でした。自分の声や性質にとても合っているなと思いショーでも歌い始めました。高山に暮らし始めたおかげで毎日無料で飛騨弁が聴けて、ボサノヴァを飛騨弁で歌うという奇跡の発明も生まれました。ジョアンジルベルトがライブ中にいきなりコントとかやったら面白いなと思ったんですよね。


僕は元々、古いジャズソングを長いこと歌いながらショーをやってきて、今でも必ずライブのセットリストの中にはジャズの小唄を入れます。英語でも歌いますが、自分で書いた日本語詩で唄うジャズにこだわっています。


オリジナルの曲を書くようになって、自分の言葉で歌うことで更にショーが面白く、メッセージ性のあるものになっていきました。風刺を歌うようになったのはヴォードヴィルの元々の意味が、フランス語でvoix de ville、英語でvoice of village、つまり村の声だからです。風刺は聴かせるものではなくて、聞こえてくるものだと思っています。 押し付けず、閉ざさず、世界で一番脱力したパンク演芸を観に来てください。





2022年の秋、今一番リアルで、自然な言葉を、歌と演技でお客さんに語りかけたいなと思います。やっぱりライブという表現方法が一番好き。ライブは文字通りその場に「生きる」ことそのもの。最高のエンターテイメントだと思います。


会場でお待ちしております。




ボサノヴォードヴィル

・チケット料金:

全席自由 料金:大人前売り3500円(当日4000円)小中学生2000円

東京昼公演のみ幼児入場可1000円 

大阪、今治公演は大人前売り3000円(当日3500円)小中学生2000円

高山公演配信チケット:2000円


予約方法が色々ありますが、出会ったものから予約してください。


スケジュールページから予約は以下


メール予約(当日現金精算)

全公演予約専用アドレス sekai.ticket@gmail.com

(題名に日付と時間、本文に名前と人数、連絡先を明記して予約)


電話 080-4884-0513 予約専用 ウサトリーヌレコード


電子チケット(パスマーケット)は以下になります。名古屋と大阪は会場専用の予約サイトからご予約おねがいします。


【東京】

10/28

開演19:00〜 (開場30分前)


10/29

昼公演14:00〜(開場30分前)


          

夜開演18:00〜(開場30分前)



会場:東京・阿佐ヶ谷 劇場 

ザムザ阿佐谷

東京都杉並区阿佐谷2丁目12−21 ラピュタビル B1F

03-5327-7640


出演

上の助空五郎:歌、ウクレレ、ヴォードヴィル

見谷聡一:パーカッション

南勇介:ベース

和田充弘:トロンボーン



【高山】

日程:

11/5 開演19:00〜(開場30分前)


11/6 開演18:00〜(開場30分前)

(ツイキャス配信あり)


会場:岐阜県高山 重要文化財 日下部民藝館

岐阜県高山市大新町1-52

0577-32-0072


見谷聡一:パーカッション

南勇介:ベース

照喜名俊典:ユーフォニアム



【名古屋】

日程:

11/8 開演19:00〜(開場60分前)

会場:愛知・名古屋 ライブハウス 得三

愛知県名古屋市千種区今池1丁目6−8 今池スタービル 2F

052-733-3709

見谷聡一:パーカッション

南勇介:ベース

照喜名俊典:ユーフォニアム


予約



【大阪】

日程:

11/11 開演19:00〜(開場30分前)

会場:大阪市 ライブハウス ムジカジャポニカ

大阪府大阪市北区堂山町1−21 モンテビル2F 01号

06-6363-0848

見谷聡一:パーカッション

斎藤一郎:ベース



【今治】

日程:

11/12 開演19:00〜(開場30分前)

会場:今治市 パフォーマンスアートシアター・ホホホ座

今治市共栄町1-3-3

090-8479-0140

見谷聡一:パーカッション

斎藤一郎:ベース



・スタッフ

主催:ウサトリーヌレコード

プロデューサー:山本恭久

宣伝デザイン:加藤亜衣

音響:足立旬/南勇介

照明:葛生英之/石田友和

映像配信:高嶋浩(高山公演)

お問い合わせ:

 080-4884-0513 ウサトリーヌレコード




閲覧数:555回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024

Comments


bottom of page